■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50    

【第二例会専用】ソードコーストの災厄

7 :火狩真希:2018/08/26(日) 13:46:01 ID:J/tWM2gy
第7回のあらすじ

第7回参加 PCは以下の通り。
・ガリィ:   パラディン4:ハーフオーク
・ラルメヴィク:バード3/ファイター1:ヒューマン
・レグナ:   クレリック4(嵐):ドワーフ
・レイソン:  ウィザード(ブレードシンガー)4:エルフ
・アランディス:レンジャー4:エルフ


○第7回のものがたり:

・生き残ったドワーフの「ジェック」からの情報。
 a)デュエルガルと話をしていた者がいた。1人はレッドウィザードで、もう1人はエルフの女性。恐らく、エルフの領主「ダルフィン」の妹の「シェルレン」
 b)レッドウィザードはポータルを開き、レッドウィザード率いるアンデッドの軍勢をこの地に送り込もうと企んでいると話していた。

・ファイアーハンマー砦の未探索地域を探索。
 床リドルがあり、PL全員知恵を絞りながら何とかクリアしました。リドルは「指輪物語(ロード・オブ・ザ・リング)をリスペクトしたものでした。
 が・・・年寄り(老眼)には「ちょっとボけた感じの絵」の詳細判別は非常に見難いですね。

・リドルの先には、「デリンビールの石板」を挿し込む空間がある「石像」が鎮座していました。石板を挿すと、石板に魔法の力が宿ったのが分かりました。
 石板が得た力は、半実体の「DWF48(ドワーフフォーティエイト)」を呼び出す魔法です。団体戦の予感!?
 貴重な砦(ドワーフの一族)の資産と思われる「石板」を領主に渡すのは何だかと思った一行は、領主には偽物を渡す事に決定します。

・ダガーフォードの街に帰還。

・領主に「(偽物の)石板」を返却。
 偽物か怪しむ領主を、バードの「ぺてん」で押し通します。元々石板は魔法の反応が無かったので、偽物である証明も難しかったのも幸いしました。

・「石板」が戻った事により難民の街への入門規制は解かれ、街の緊張状態は緩和されました。

・エルフの領主「ダルフィン・フロシン」から、エルフの館に住んでいた「侍従」より、館が攻略され、逃げ延びられたのは自身1人。という話を聞きます。
 ダルフィンが館に向かったところ、近付くと気分が悪くなり(ダメージを受ける?)、ある一定距離より近付けなかったので、結界を張られているのではないかと推測。
 そこで、館の調査を依頼したい旨を告げられ、レッドウィザードも絡む話なので、一行は承諾します。
 なお、館には停止したポータルが存在しており、そのパワーを使って結界としているのではないかとダルフィンは推測しています。

・館に向かった一行。エルフ全員が結界に阻まれたらどうしよう?と考えていたのですが、問題なく通過でき、館に向かいます。
 館はオーク、ノール、エレメンタルと様々な敵が居り・・・という攻略途中で終了。領主の館は広大です。

・エルフの館で得た情報ですが、前領主であるダルフィンの父親はエルフだけでなく、ヒューマンも妻に迎えており、その事に対してダルフィンの妹「シェルレン」は反対していた(怒りを覚えていた)日記メモを残していました。
 ポータルは未発見です。


12KB
続きを読む

名前: E-mail(省略可)
READ.CGI - 0ch+ BBS 0.7.4 20131106
ぜろちゃんねるプラス